ヤクルトスワローズ

山田哲人のfaはいつ?巨人移籍が濃厚?ソフトバンクが年俸35億で本命?

プレミア12の韓国戦で逆転スリーランを放ち、日本を2009年以来10年ぶりの世界一に導いたミスタートリプルスリー・山田哲人選手!

 

走攻守揃った天才プレイヤーで、日本の宝と言える選手ですが、2020年になって山田選手のFA権取得が注目されるようになってきました!

 

どこのチームも喉から手が出るほど欲しい選手ですが、年俸の関係で獲得できる球団は限られてくると思われます。

 

やはり資金力のある球団が獲得するのでしょうか!?

 

そこで今回は、「山田選手のFA権取得はいつ」「巨人移籍が濃厚!?」「ソフトバンクが年俸35億で本命?」について調べてみました!

Sponsored Link

山田選手のFA権取得はいつ?

ではまず、山田選手がいつ国内FA権を取得するのか見てみましょう!

 

国内FA権は、出場選手登録(1軍登録)145日を1年として換算して、規定の年数を経過すると取得可能になります。

145日に満たないシーズンが複数ある場合は、合算して計算されます。

なお、145日以上は全て145日として計算します。

 

ざっくりまとめるとこんな感じになります。

2006年までのドラフト入団選手 累計8年(通算1160日)経過で取得
2007年以降のドラフトで入団した高校生選手 累計8年(通算1160日)経過で取得
2007年以降のドラフトで入団した大学生・社会人選手 累計7年(通算1015日)経過で取得

 

山田選手は、2010年に履正社高校からドラフト1位でヤクルトに入団しています。

なので、表の真ん中の累計8年で国内FA権を取得できることになります。

 

では、山田選手はいつ国内FA権を取得するのでしょうか?

参考に、山田選手の1軍デビューから2019年までの1軍登録試合数を見てみます。

年度 試合数
2012年 26
2013年 94
2014年 143
2015年 143
2016年 133
2017年 143
2018年 140
2019年 142

 

2012年〜13年は合計で120試合の出場ですが、2014年からは毎年130試合以上に出場しています。

国内FA権は1軍登録145日を1年として換算しますので、移動日なども入れると2019年終了時点で7年は既に満たしている事になります。

つまり、高校からドラフトでヤクルトに入団した山田選手は、2020年シーズンに1軍登録日数が145日になれば国内FA権を取得できる事になります!

つまり、最短で2020年のシーズン中という事になります!

 

ですので、2020年シーズン終了後のストーブリーグは、山田哲人争奪戦が超熱くなりそうです!

巨人移籍が濃厚?

では、山田選手が国内FA権行使を決断した場合、どの球団が有力になるのでしょうか?

その第一候補は巨人だと言われています。

その理由を3つ考えてみました。

 

坂本と仲が良く、在京球団である

1つは、ショートを守る坂本選手とも仲が良く、ヤクルトと同じく在京球団という事で移籍による環境的負担が少ないとされているからです。

2019年に最優秀防御率を獲得した中日の大野雄大投手が、山田選手と坂本選手の3人で飲んだ話をテレビでされていました。

 

ただこの時、山田選手が寄ってきて「大野さんカモっす」と衝撃的な発言もしたそうですw

プライベートでも仲がいいのがわかりますね(^。^)

 

セカンドの固定

2つ目の理由は、巨人が2019年にセカンドを固定できなかった事です。

1シーズン通して4選手(若林、山本、田中、増田)を中心に日替わりで守っていましたので、是が非でも「セカンド・山田」は欲しいところでしょうね。

 

資金力

3つ目は、やはり資金力ではないでしょうか。

山田選手の年俸は、2019年には推定5億円になりましたが、これはミスター・トリプルスリーとして妥当な金額に思われます。

ただヤクルトとしても、5億円は限界に近い金額でしょうから、マネーゲームとなると巨人には分が悪いと思われます。

 

2018年オフに広島からFAした丸選手は、2億1000万→4億5000万と倍以上の年俸を提示して獲得に成功しました。

山田選手の場合も、おそらく「複数年+5億円以上」を提案するのは確実でしょうから、資金力では巨人が最有力に思われます。

 

が!!!!

 

今回は巨人も安泰とは言えなさそうなんです( ゚д゚)

ソフトバンクが年俸35億で本命?

「高年俸球団=巨人」というイメージがありますが、現在の年俸1位の球団はソフトバンクです!

上位5人の年俸はこんな凄いです( ・∇・)

 

柳田悠岐 5億7000万(7年契約の1年目)
サファテ 5億(3年契約の2年目)
森唯斗 4億6000万円(4年契約の1年目)
松田宣浩 4億5000万円
バンデンハーク 4億円

 

さすが天下のソフトバンクですね(^。^)

しかも柳田選手は7年総額約40億円です(⌒-⌒; )

山田選手も柳田選手に匹敵する選手ですから、一部では「5年契約35億円は出すのでは」との見方もあり、ソフトバンクが本気を出したらこれぐらいの条件を出す可能性は十分にありますね!

 

 

更に、ソフトバンクは2018年のシーズンオフには西武の浅村選手の獲得に失敗しており、セカンドを守れる主砲は是が非でも欲しいと思っていると思われます。

また、内川選手や松田選手などの主力選手も30代後半になってきていますので、主力の若返りという点でも27歳の山田選手は最高の選手とも言えます。

 

以上の視点から見てみても、ソフトバンクも山田選手を本気に狙いに来る可能性は高いと思われますので、資金が潤沢な巨人といえども余裕はないのではないでしょうか。

Sponsored Link

まとめ

ここまで、ミスタートリプルスリー・山田哲人選手のFAについて見てきました!

 

山田選手は順調にいけば2020年のシーズン終了後にFA権を取得する事になります。

有力は在京球団の巨人と言われていますが、資金力ではソフトバンクが上をいく可能性もあり、この2球団の争奪戦になる可能性が高いと思われます。

 

ヤクルトとしては残留に全力を尽くすででしょうが、プロ野球選手は年俸が評価の基準ですので、厳しい戦いになる事が予想されますね。

 

2020年は東京オリンピックでの活躍にも期待ですが、シーズン終了後のストーブリーグも相当熱くなりそうです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^。^)

Sponsored Link

 

山田哲人の歴代彼女の噂まとめ!大島優子と付き合っていた!? 過去3回トリプルスリーを達成し、年俸も5億円の山田哲人選手! 現在27歳ですが、結婚や彼女はどうなのでしょうか? 顔もイケメンなので...