THE W

玉井陸斗は東京オリンピックに出られる!?年齢制限などの条件は?

東京オリンピックまで1年を切り、出場枠を巡っての争いも激しさを増してきています!

当ブログでは、各競技での注目選手について書いていますが、今回は男子高飛び込みの超新星!

12歳(中学1年生)の玉井陸人選手を取り上げたいと思います!

4月に行われた選考会では、12歳7ヶ月で初優勝を果たす快挙を達成しました!

計り知れない将来性を秘めており、東京オリンピックではメダルも期待されますが、2020年に13歳だと東京オリンピック自体に出場ができるのか?

との疑問が湧いてきます。

そこで今回は、「玉井陸人選手の東京オリンピックへの出場条件」「3つの選考会で可能性があるのは一つ」について書いてみました!

Sponsored Link

東京オリンピックへの出場条件

日本水連が定めている東京オリンピックへの出場条件は以下の3つがあります!

  1. 世界選手権で12位以内
  2. 9月のアジアカップ(マレーシア)で優勝
  3. 2020年4月のワールドカップ東京大会で、18位以内

こうやって見てみると、オリンピック出場は本当に狭き門だとわかりますね。

では、玉井選手はどうなのでしょうか。

一つずつ見てみましょう!

3つの選考会で、可能性があるのは一つだけ!

世界選手権で12位以内

これは、7月に韓国で行われる世界選手権の事を指していますが、国際水連が「開催年末に14歳以上」との年齢制限を定めているため、2019年末にはまだ13歳の玉井選手は出場ができないことになります。

9月のアジアカップ(マレーシア)で優勝

こちらは、当初は日本代表入りが確実視されていましたので、実力を出せば可能性があると思われていましたが、同様の年齢制限が適用されることとなったため玉井選手は出場ができなくなりました。

2020年4月のワールドカップ東京大会で、18位以内

こちらは年齢制限もありませんので、玉井選手はこの条件をクリアして東京オリンピックを目指すことになります!

2020年2月の代表選考会を勝ち抜き、4月のワールドカップで18位以内に入るという一発勝負の賭けになりますので、メンタル面も重要になってきそうです。

玉井選手はこのことに関して

「ちょっと悔しいけど仕方ない。なんともならないので」

と胸中は少し複雑な様子ですが、なんとか実力で乗り越えて欲しいなと思います。

Sponsored Link

最後に

ここまで、男子高飛び込みの新星・玉井陸斗選手の東京オリンピック出場の可能性について見てきました!

東京オリンピックに向けては3つの選考会がありますが、玉井選手は2020年は13歳のため、4月のワールドカップだけが出場可能な選考会となります。

まさに一発勝負になりますが、若さと能力でなんとかクリアして欲しいものです。

ワールドカップでの結果についてもこちらに追記していきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました(^。^)

Sponsored Link