THE W

令和を西暦にするには?018(レイワ)を足すだけ?実は超簡単!




 

 

新元号フィーバーに沸いている日本列島ですが、ちょっと困る事も出てきそうです。

役所などへの提出書類に日付を記入する場合です。

令和で記入する場合は問題ありませんが、西暦で記入する時は「令和◯年  →  西暦に変換」しなければいけません。

昭和や平成の時も、西暦に変換する簡単な方法がありましたが、令和についても超簡単な変換方法がありました!

Sponsored Link






昭和や平成の変換方法を振り返る

昭和を西暦に変換する時は、和暦(昭和◯◯年に25を足せば西暦になりました。

これは、1925年が昭和元年だった為、「1925+和暦」で西暦を求めることができました。

平成も、1989年が平成元年の為、「和暦+88」「和暦−12」で西暦の下二桁が出ます。

2019年の場合平成31年ですので、「31+88=119」「31-12=19」となり、答えは2019年になります。

では、次に令和の変換方法を見てみましょう!

018(令和)を足せば西暦になる?

 

メディアでも取り上げられていましたが、令和を西暦に求める方法も、昭和や平成と同じ理論で求めることができます。

結論から言いますと、「令和◯◯年+18=西暦」になります。

2019年が令和元年(1年)になりますので、令和に18を足せば答えが出ます。

逆に、西暦を令和にするには、「西暦ー2018」で求めることができます。

覚え方がユニーク

これのネット上で話題になっていましたが、覚え方が非常にユニークです!

18を足せば西暦になるので、覚えるのはこの18という数字です。

その覚え方は、「018(レイワ)を足す」です( ・∇・)

もうまんまですねw

ネット上では、「狙っていたのでは」といった意見もあるぐらい、一度聞いたら忘れないぐらいのインパクトです(*゚▽゚)ノ

これで、役所の書類などを書くときにも困る事はなさそうですね( ・∇・)

Sponsored Link






最後にホラン千秋さんの小話を

ここまで、新元号令和を西暦に変換する方法についてみてきました。

「令和(018)を足すだけ」という一度聞いたら忘れない超簡単な方法でした。

メディアでもこれは取り上げられていましたが、平日のニュース「Nスタ」でアシスタントのホラン千秋さんが、思わぬ弱点を見せました( ・∇・)

容姿端麗な完璧才女が見せた弱点は、ちょっと親近感が湧きますよ!

 

ホラン千秋さんにも思わぬ弱点がありました😙

ホラン千秋は計算が苦手!?番組で容姿端麗の才女が見せた弱点とは

 

よかったら読んでみてください( ・∇・)

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link