THE W

奥村政佳は保育園での経験を元に参院選に出馬?wiki風プロフも!




 

 

RAGFAIRのボイスパーカッショニストとして活躍した奥村政佳さんが、グループを脱退し、2019年7月の参議院議員選挙に出馬する事が発表されました。

ご本人が会見を開き、今回の出馬の動機は「保育の問題」に対する思いからのようで、かなり熱い信念を持っていらっしゃるようです。

どんな政策を実現してくれるのか、周囲からの期待度も大きいようです。

そこで今回は、村政佳さんwiki風プロフィール」「参議院選挙への思い」について書いてみました!

Sponsored Link






奥村政佳さんwiki風プロフィール

 

  • 名前:奥村 政佳(おくむら まさよし)
  • ニックネーム:おっくん
  • 年齢:41歳(2019年4月現在)
  • 出身:大阪府
  • 最終学歴:筑波大学 卒業
  • 芸能活動:元RAG FAIRのボイスパーカッショニスト
  • 職業:気象予報士、防災士、保育士

奥村政佳さんは、ボイスパーカッションブームを起こしたRAG FAIRのメンバーとして有名ですが、それ以外にも非常に多彩な活躍をされている方です。

大阪教育大学附属高校天王寺校舎在学中に、当時史上最年少で気象予報士試験に合格し、世間の注目を浴びました。

気象予報士の合格率は5%と言われており、超難関の国家資格に高校生で合格されてるんですね!

その後は筑波大学に進学し、気象学を中心に学んでいたそうです。

大学時代に音楽活動を始め、2001年の「力の限りゴーゴゴー!!」に出演した事をきっかけに、「ハモネプ」「ボイパ」ブームを巻き起こし、RAGFAIRでメジャーデビューを果たします。

あの頃は音楽番組を見ていて「凄い!!」と思った方も多かったのではないでしょうか。

まさにボイパの先駆けとなりました。

 

芸能人となってからは、高校時代に合格した気象予報士の資格を生かしてテレビやラジオにも出演し、「えなりかずき!そらなび」では準レギュラーの気象予報士として活躍されていました。

防災士の資格を活かして、学校やコミュニティーでの授業や、災害復興ボランティアなどにも積極的に参加されています。

Sponsored Link






2012年に保育士の資格を取得

 

気象予報士、防災士、パーカッショニストと多彩な奥村さんですが、2012年に保育士の資格を取得されています。

横浜市内の保育所で、実際に8年間勤務し、現場で体験した保育士の目線から、問題解決について考えていらっしゃいます。

未就学児童に対する気象教育に関する功績により、日本気象学会奨励賞・WNI気象文化創造センター気象文化大賞をW受賞もされています。

やはり問題解決には「現場目線」が一番大切だと思われますので、奥村さんには期待する方は多いのではないでしょうか。

その奥村さんの、出馬会見がこちらです!

 

出典:You Tube

ボイパから始めたのはユニークですね( ・∇・)

奥村さんは、現場目線からの訴えなので説得力がありますね。

保育士の待遇改善は以前から叫ばれていますが、なかなか政府は思い腰を上げようとしません。

そこに危機感を抱いた奥村さんの出馬は応援したいですね!

「保育士目線の声を政治に届けたい」

「みんなで声を上げていきましょう」

この思いはかなり多くの方に響くのではないでしょうか。

奥村さんはプライベートでも父親ですから、保育に対する思いも非常に熱いものがあります。

少し選挙のシビアな話をすると、統一地方選での連敗で、参院選は自民党の苦戦も予想されていますから、立憲民主党からの出馬というのも追い風になるのではないでしょうか。

政策を実現するためには、まずは政治家に当選しないといけませんから、まずは参院選までの活動を頑張っていただいたいですね!

その後の経過や選挙の結果についても、この記事では追記していきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link