岡田晴恵教授

岡田晴恵教授の学歴や経歴は?ドイツマールブルク大学へ留学の経験も?

 

新型コロナウイルスが猛威を振るっていますが、毎日この人の顔をテレビで見ない日はないのでしょうか。

 

白鴎大学の岡田晴恵特任教授です!

 

なんと1日に5番組もはしごしており、疲労を心配する声さえ上がっている岡田教授ですが、やはりテレビに呼ばれるだけあって学歴や経歴もすごい方のようです!

 

そこで今回は、岡田晴恵特任教授について調べてみました!

Sponsored Link

岡田晴恵教授の学歴や経歴は?

 

ではまず、岡田教授の学歴と経歴を見てみましょう!

岡田教授の学歴と経歴

・出身高校:不明

・最終学歴:共立薬科大学大学院薬学研究科前期・薬学修士、順天堂大学大学院医学研究 科後期中退・医学博士

・留学:ドイツマールブルク大学へ留学

・経歴①:厚生労働省国立感染症研究所 ウイルス第三部研究員

・経歴②:社団法人 日本経済団体連合会21世紀政策研究所 シニア・アソシエイト

・現職:白鴎大学 教育学部 特任教授

・専門分野:感染症学、公衆衛生学、児童文学

・学協会活動:日本公衆衛生学会、日本ペンクラブ、日本児童文学者協会

 

出身高校については調べても情報が出てきませんでしたが、大学は共立薬科大学大学院薬学研究科前期・薬学修士を卒業されていますので、こちらが最終学歴のようですね。

 

ちなみに共立薬科大学は、2008年に慶應義塾大学と合併して慶應義塾大学薬学部、慶應義塾大学大学院薬学研究科になっています。

 

そして現在は、テレビでも毎度紹介されていますが、白鴎大学で特任教授として勤務されています。

ドイツマールブルク大学へ留学の経験も

岡田教授は、ドイツのマールブルク大学医学部への留学経験もある方です。

 

マールブルクは「学生の街」と呼ばれるぐらい大学の数が多い街で、住民も学生が多いんだそうですよ(^。^)

ただ、街はこじんまりとしている落ち着いた雰囲気なんだそう。

 

 

出典:https://tobitate-german.com

 

ヨーロッパという感じの建物が並んでいていい雰囲気ですね。

 

マールブルク大学の創立は1527年で500年近い伝統があり、日本の留学生からも人気の大学のようです。

Sponsored Link

岡田晴恵教授の年齢と体調は大丈夫?

 

最後に、岡田教授の年齢と体調不安説をみておきましょう。

生まれた年は1963年だとわかっています。

なので2020年2月現在だと56歳か57歳になりますね。

 

まだまだバリバリ働ける年齢だとは思いますが、連日テレビに出続けているのでネット上では体調を心配する声も上がっています。

 

 

 

 

皆さん心配されているようですね。

確かに説明は的確ですし、毎日状況を解説してくださるのはありがたいことですが、休みもなんとかとっていただきたいと思いますね。

岡田晴恵のテレビのギャラはいくら?出演数やスケジュールがヤバイ!? 連日コロナウィルス関連のニュースで、テレビに引っ張りだこの岡田晴恵教授ですが、やらしい話テレビ出演のギャラはいくらか気になりませんか...

まとめ

ここまで、岡田教授の経歴や学歴を中心に見てきました。

ドイツにも留学した経験があり、まさに日本のウィルスや免疫学についてはスペシャリストと言える経歴の持ち主でした。

 

最近はコロナウィルスでテレビへの出演が一気に増え、体調についても心配の声が上がっていますので、休みは少ないでしょうが体調には気をつけていただきたいですね。

 

何よりまずは、コロナウィルスがいち早く収束してくれることを願いたいものです!

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

Sponsored Link