2020年M-1グランプリ

おいでやすこがは苦労人?2人の経歴は?実力はR-1で証明済み

いよいよ12月20日に放送されるM-1グランプリ。

様々な実力派コンビが集う中、即席コンビで決勝に進出した異色のコンビが注目を集めています。

この記事では彼ら『おいでやすこが』について紹介していきます。

おいでやすこがは苦労人?2人の経歴は?

おいでやすこがは、吉本興業所属のピン芸人二人が組んだ即席ユニットです。

ツッコミ担当のおいでやす小田さんと、ボケ担当のこがけんさんがメンバーで、賞レースのために結成したそうです。

ここで2人の経歴を簡単に紹介していきます。

 

①こがけん

本名:古賀憲太郎

1979年2月14日生まれ(41歳)

福岡県久留米市出身

ボケ担当

 

2001年に大学の同期とお笑いコンビ『マスターピース』を結成するもわずか4ヶ月で解散。そのまま芸人活動を一旦辞め、本格的に板前修行をします。

その後、2,008年に芸人活動を再開しワンドロップというコンビを結成。しかしそのコンビも解散し、その後はピン芸人として活躍します。

細かすぎて伝わらないモノマネ選手権の常連で、ハリウッド映画のワンシーンのモノマネが人気です。

 

②おいでやす小田

本名:小田芳裕(おだよしひろ)

1978年7月25日生まれ(42歳)

京都府京都市出身

ツッコミ担当

 

お笑い芸人のチュートリアルやミキと同じ高校出身。

モンスターエンジンの西森とコンビを組んでいた時期もあったが解散。

その後はピン芸人として活躍しています。

最近では、年齢制限を設けられたR-1グランプリに出場出来なくなったことで少し話題になりましたね。

 

M-1グランプリには過去何度も出場しているが、全て即席ユニットです。

2017年にはゆりやんレトリィバアと出場、2019年からは今のこがけんとコンビを組んでいます。

実力はR-1で証明済み

即席ユニットで注目を集めている2人ですが、それぞれが実力派芸人として有名です。

2人ともR-1グランプリで決勝に進んだ経歴の持ち主だからです。

当日のネタが楽しみですね。

まとめ

即席コンビにも関わらずM-1決勝に進出を果たしたおいでやすこが。それぞれがR-1グランプリに決勝に進出するという実力派の2人なので、当日のネタに注目が集まります。

今からどのようなネタが披露されるか楽しみですね。