ボルダリング

野口啓代の実家は牧場で金持ち?父親が作った専用の施設が凄すぎる

元祖クライミング女王とも呼ばれる、フリークライマーの野口啓代選手ですが、実家のことや父親のことについて、気になる噂が聞こえてきます。

 

あれだけの実績を残せる背景には、父の作った専用の施設の存在もあるようです!

実家はお金持ちなのか、父親はどんな方なのかということについて、今回は調べてみました。

Sponsored Link

野口啓代の実家は牧場で金持ち?

 

野口啓代選手は、茨城県龍ヶ崎市出身です。

出身高校は、スポーツコースもあり文武両道を掲げる東洋大学附属牛久高等学校だとのことで、その後、東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科に進学するものの、中退されています。

さかのぼって、中学校はどうやら、地元の中学校に通っていたと思われます。

 

地元でのびのびと育ったと思われる野口啓代選手、実家ではご両親が「野口牧場」(有機肥料組合堆肥センター)という牧場を経営されているそうです。

和牛や交雑種などを約600頭育てている、規模の大きい牧場のようですね。

オリジナルの牛乳や堆肥を販売し、地域密着の経営をされています。

 

牧場の経営を長く続けられているところは十分に資金を確保されている、と一般的には解釈されていますから、「お金持ち」と言えるのかもしれません。

 

さらには、野口啓代選手の父親、健司さんはクライミングへの情熱がとても強かったのか、2013年「THE FARM climing hold depot」という、クライミングのホールドの輸入販売をする会社を設立されています。

 

品揃えも充実していて、たくさんの種類が選べます。

選び方についても父親の健司さんがアドバイスしてくれるとのことで、日本中のクライミングジムから多数の注文を受けているようです。

国内最大級の輸入販売店に成長させることを成功しているのですから、当然、お金持ちなのでしょうね。

 

そもそも、野口啓代選手がクライミングに出会ったきっかけは、小学校5年生の夏の家族旅行で訪れたグアムでフリークライミングを体験したことだと言います。

子供の頃に海外に家族旅行に出かけられるくらいですから、おそらく余裕のある家庭だったことでしょう。

父親が作った専用の施設が凄すぎる

さて、話題の野口啓代選手の父親、健司さんですが、経営手腕が素晴らしいと予想されますが、クライミングに情熱を捧げる娘に対するサポートが、さらに素晴らしい模様です。

 

まず小学生だった野口啓代選手と同時にクライミングを始め、ジムに通いはじめます。

中学生になり部活動や学業が忙しくなると、ジム通いに時間が取りづらくなったため、なんと牧場の牛舎の片隅に、練習用のクライミングの壁を作ってしまいます。

 

知人と2人で1週間ほどかけて手作りしたという、専用のトレーニング場。

野口啓代選手の成長に合わせて傾斜を変化させたり、スピードクライミング専用の壁を作ったりと手を加え続け、拡張されてきたそうです。

今では高さ4メートル、60畳ほどの広さの立派なトレーニング場に進化しているようですよ。

 

こういったサポートに力を入れてきたからこそ、野口啓代選手の実力は伸びるし、ホールドの輸入代理販売店も成功しているのでしょうね。

野口啓代選手の実力は?

 

中学生に上がる前の春に開催された全日本ユース選手権で優勝して以来、天才少女の出現と話題となった野口啓代選手。

それから数々の大会に出場し、しっかりと実績を残しています。

 

2019年8月に八王子市総合体育館にて開催された、IFSCクライミング選手権大会では、見事にオリンピック日本代表選手内定を獲得しました。

Sponsored Link

まとめ

野口啓代選手の実家は、規模の大きな牧場を経営されていますが、さらにクライミングのホールドの輸入販売店の経営もされているようです。

金持ちである、という印象は十分ですね。

 

父親の健司さんは、クライミングへの情熱のあまり、牧場の牛舎にクライミングの壁を設置していました。

成長とともにカスタマイズされていったトレーニング場は、本格的なもののようです。

 

日本代表選手の内定を獲得するほどの実力ですから、オリンピックも期待できそうです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link

楢崎智亜の筋肉と肩甲骨が凄すぎる!トレーニング方法は超独特? 東京オリンピックが目前ということもあり、スポーツクライミングは空前の盛り上がりを見せています! 趣味で始める人も増え、一般人にも身近...