2020年M-1グランプリ

錦鯉(芸人)の名前の 由来や経歴は?2人とも40代の苦労人?

漫才の頂点を決める大会であるM-1グランプリがとうとう始ります。様々なコンビが出場を決める中、芸歴20年以上の最年長コンビが話題になっています。

錦鯉という2人ですが、どのような人物なのでしょうか?

気になる名前の由来や2人の経歴について調べてみましたので、是非読んでみてくださいね。

錦鯉(芸人)の名前の 由来や経歴は?

錦鯉という名前ですが、気になるのはそこ由来ですね。

何か深い意味がありそうです。

しかし、ネットで調べてみたところ、現時点ではその由来については明かされていませんでした。

というのも、彼らがまだそこまで露出していないのでインタビュー等受ける機会がないことも原因なのでしょう。

今後、注目を浴びてインタビューやテレビに出るようになれば由来について話すこともあるかもしれませんね!

 

そんな錦鯉ですが、2012年に結成されたコンビです。

元々、それぞれが別の人とコンビを組んでいましたが解散、芸人同士の飲み会で渡辺さんから誘う形で錦鯉を結成しました。

現時点では目立ったタイトルの獲得はありませんが、2018年には『芸人1000人が選んだまだ売れてないけど本当に面白い芸人ランキング』では7位に選ばれるなど、実力は確かに認められているようです。

2人とも40代の苦労人?

錦鯉の2人とも芸歴20年以上の大ベテランです。

しかし、現時点では芸人の収入だけで生活できるほど稼いではいないようです。

昨年の年収は32万円というから驚きです。

ボケの長谷川さんに至っては、歯医者の治療費が払えず奥歯が5本無いというほどです。

また、同期のタカアンドトシが先に売れてしまったり、後輩の芸人の前説の仕事をしたりと苦労されているようです。

今度のM-1で注目を浴びて仕事が増えると良いですね。

まとめ

芸歴20年の大ベテランの2人ですが、タイトルの獲得はまだなくこれからの活躍が期待されます。

売れてくれば錦鯉の名前の由来が分かるようになるかもしれませんね。

同期がどんどん売れてしまったり、お金が無さすぎるエピソードも印象的です。

特に長谷川さんは奥歯が無いので、これで売れて歯を入れるようになれば良いですね。

何にせよ当日のネタ披露が楽しみです。