お笑い

まんじゅう大帝国・竹内と田中は落語研究会出身!実力も凄かった?

将来性が楽しみな若手芸人コンビが出てきました!

8/17放送のENGEIグランドスラムLIVEに出場するまんじゅう大帝国というコンビです!

名前がかなりインパクトがありますが、学生時代からその実力もインパクト大だったようです( ・∇・)

そこで今回は、まんじゅう大帝国について調べてみました!

Sponsored Link

まんじゅう大帝国とは

まんじゅう大帝国は、2016年6月に結成された、ボケの竹内一希さんツッコミの田中永真さんのコンビです。

まず、お二人のプロフィールを見てみましょう!

竹内一希さんプロフィール

  • 名前:竹内 一希(たけうち かずき)
  • 生年月日:1994年4月27日
  • 年齢:25歳(2019年8月現在)
  • 出身:東京都世田谷区
  • 担当:ボケ
  • 学歴:日本学園高等学校 → 日本大学芸術学部
  • 事務所:タイタン

竹内一希さんは、まんじゅう大帝国のボケを担当しています。

日本学園高等学校時代は野球部に所属していましたが、既にこの頃から野球部の仲間と学園祭で漫才を披露していたそうです。

大学は日本大学芸術学部に進学し、当初はお笑いサークルに入ろうとしますが、お笑いサークルがなかったため落語研究会に入る事になりました。

この落語研究会での実績が凄く、落語家になる事も考えたそうですが、落語が持つ人情や昔の風情・様式美にそれほど愛情が持てなかったという理由から、漫才師になる事を決意したそうです。

また、2019年4月に公開された映画「実りゆく長野」では主演を演じるなど、マルチな活躍をされています。

田中永真さんプロフィール

  • 名前:田中 永真(たなか えいま)
  • 生年月日:1993年3月30日
  • 年齢:26歳(2019年8月現在)
  • 出身:北海道鶴居村
  • 担当:ツッコミ
  • 学歴:函館ラ・サール高校 → 東京理科大学理学部第二部数学科 中退
  • 事務所:タイタン

田中永真さんは、まんじゅう大帝国のツッコミを担当しています。

高校は、偏差値69のの函館サ・ラール高校を卒業している秀才で、大学も東京理科大学第二数学科に通っていました。

田中さんは高校時代からお笑い志望だったそうですが、竹内さんと同じく大学にお笑いサークルがなかったため、落語研究会に入って活躍していました。

竹内さんも田中さんも落語の実績は凄いようで、大学では有名な存在だったようですよ( ・∇・)

二人とも落語研究会では有名人!?

竹内さんと田中さんは、お互い大学時代は落語研究会に所属していました。

それぞれの落語家としての名前(高座名)は

竹内さん:外楼 一拝(あうとろー いっぱい)

田中さん:六花亭 空道(ろっかてい そらみち)

でした!

竹内さんの高座名は、野球好きなのが伺えますね( ・∇・)

お二人は落研時代はリーダー的な存在だったようで、竹内さんは関東落研連合12代目総長田中さんは関東落研連合11代目副総長として活躍されていました。

二人の落語実績が凄い

竹内さんも田中さんも落語の実績はかなり凄かったようで、お二人の実績を見てみましょう!

竹内さんの落語の実績

  • 第12回、13回全日本落語選手権「策伝大賞」決勝選出
  • 第7回てんしき杯学生落語トーナメント準優勝

「策伝大賞」は、岐阜県岐阜市で行われる落語の全国大会で、全国の落語研究会に所属している学生が約1,500人の聴衆の前で、頂点である「策伝大賞」を獲得するために落語を披露する大会です。

賞の由来は、落語の祖「安楽庵策伝」の名前で、「野球に甲子園があるように、落語にも全国大会があってもいいじゃないか」という桂文枝さんの提案で、2004年から開催されています。

2011年からは、毎年200名以上が参加する大会で、竹内さんは決勝に進出されていますから、相当な実力の持ち主と言えますね!

田中さんの落語の実績

  • 第5回てんしき学生落語トーナメント優勝!

田中さんはなんとこちらの大会で優勝しています( ・∇・)

「てんしき学生落語トーナメント」は、2010年から行われていた全国の落語研究会に所属する大学生の王者を決める大会で、田中さんは2014年の王者です。

竹内さんも第7回大会で準優勝されていますので、お二人とも落語の実績は相当凄いですね!

大学時代に学んだ落語の経験がネタに活されているようで、ユーチューブでは既に再生回数が5万回を超えているものもありました!

Sponsored Link

ネタも面白い

では、まんじゅう大帝国のネタも見てみましょう(*゚▽゚)ノ

再生回数5万回を超える「ものまね」と「カレーを作ろう」です!

 

 

出典:You Tube

 

面白いですねー(*゚▽゚)ノ

上戸彩感は全くないのにw

もう1本見てみましょう!

 

 

出典:You Tube

 

こちらも面白いですね!

落語での実績を引っ提げてお笑いになる人はなかなか珍しいでしょうから、今後かなり活躍が期待できそうです!

生放送のグランドスラムでもそんな漫才を披露してくれるのか要注目です!

最後まで読んでいただきありがとうございました(^。^)

Sponsored Link