THE W

純烈のメンバー・白川裕二郎は元力士で筋肉が凄い!経歴や苦労話も




 

 

2018年紅白歌合戦に出場が決定したスーパー銭湯アイドル「純烈」のボーカルを務めるのが白川裕二郎さんです!

白川さんは、185cmとモデル並みのルックスに加え、なんと元力士という経歴の持ち主なんです!

しかもその肉体を活かして、スポーツマンNO.1決定戦にも出場していました!

 

 

 

白川さんは今や紅白出場グループのリードボーカルですが、ここまでの道のりは平坦ではなかったようです。

そこで今回は、白川裕二郎さんについて色々調べてみました!

Sponsored Link






白川裕二郎プロフィール

 

  • 名前:白川 裕二郎(しらかわ ゆうじろう)
  • 生年月日:1976年12月11日
  • 出身:神奈川県横浜市港北区
  • 身長/体重:184cm/74kg
  • 血液型:A型
  • 趣味:釣り、筋トレ
  • 特技:また割り・サーフィン・スキー・スノーボード
  • 職業:俳優、歌手(純烈のボーカル)
  • 既婚:2011年に1歳年下の一般女性と結婚。子供はいない。
  • 元力士:四股名は「白川」→「綱の富士」
  • 活動期間:2002年〜
  • 事務所:G-STAR.PRO

 

学生時代から運動神経が抜群だった白川さんは、小学校では相撲大会で優勝するぐらい力が強かったそうです。

中学では柔道部に、高校では長身を活かしてバレー部に所属していたそうです!

そして高校卒業後に、白川さんに転機が訪れます。

力士を目指して相撲界入り

白川さんは、高校卒業後に柔道の道場に入りますが、そこで大相撲の朝日山部屋にスカウトされます。

相撲界入りを果たし、1995年9月場所に、本名の「白川」という四股名で初土俵を踏みました。

写真を見てもかなりイケメンですよね!

筋肉質ですから、千代の富士のような存在を目指していたのではないでしょうか!

 

ただ、大相撲時代の体格は身長182cm体重82kgと小柄な力士だったため、体を大きくするために食事が大変だったそうです。

今や大横綱の白鵬も昔は細かったですからね。

相撲の食事は過酷なようです。

 

1996年7月から四股名を「綱ノ富士」に改名しますが、怪我に悩まされ1996年9月にわずか入門から1年という短い期間で引退する事になりました。

 

相撲の道を断念した白川さんは、お母さんから俳優の道を勧められたそうです。

劇団のポスターを見せて説得したようですが、そもそもルックスが良くなければ俳優は勧められないので、さすがだなと思いますねσ^_^;

俳優デビュー

持ち前のルックスと努力で、2002年「忍風戦隊ハリケンジャー」の霞一甲 / カブトライジャー役で俳優デビューを果たします。

もう16年ぐらい前ですから少し歴史を感じますねσ^_^;

当時は塩谷瞬さんらとイケメンヒーローブームを牽引していたそうですよ。

 

そして、当時の筋肉がものすごかったです!

それがこちらです!

カッコイイしムキムキですね(*゚▽゚)ノ

こりゃお母さんも俳優勧めますハイ笑

この筋肉を活かして、当時人気を博したあの番組に出場する事になります!

スポーツマンNO.1決定戦で知名度も全国区に

2000年前後はスポーツマンNO.1決定戦は人気がありましたよね!

池谷直樹とケインコスギの戦いが見もので、池谷は跳び箱で当時の記録23段の世界記録保持者でしたから、物凄いレベルでした!

 

この第11回大会(2003年3月31日放送)に白川さんは出場し、見事2位の成績を収めました!

これで白川裕二郎の名前は全国に知れ渡る事になりました!

その後も第15回大会まで連続で出場し、常に上位争いを演じました。

Sponsored Link






ドラマにも出演

2004年に、昼ドラとして人気を博した「牡丹と薔薇」に、ぼたんの恋人役の柏木 雅也として出演しました。

香世の陰謀により破局してしまい、その後自暴自棄になり車道に飛び出して事故死するという過激な役を見事に演じました。

 

2006年には、大河ドラマ「功名が辻」、2009年には「天地人」にも出演し俳優としての実力も磨いていきました。

その他では、バラエティ番組や舞台、ミュージカルや映画にも出演し活動の場を広げていきました。

純烈のリードボーカルとして

純烈の船出は順風満帆とはいかなかったそうです。

2007年にメンバーの酒井一圭さん誘いでグループが結成されるわけですが、肉体派で生きてきた白川さんも本格的に歌謡曲を歌った経験などはなく、メンバー全員が歌謡曲未経験の状態でスタートしたそうです。

約3年に及ぶボイストレーニング・下積みを経て、2010年に『涙の銀座線』でメジャーデビューしますが、2012年にレコード会社との契約が打ち切られてしまいます。

その後は老舗キャバレー、健康センターやスーパー銭湯などで歌うところを探して努力を続けたそうです。

その時の努力が実って、スーパー銭湯アイドルとしての地位を確立できたわけですね!

そして、2017年の紅白落選を経て、2018年い念願の紅白出場!

なにか感動しますね( ・∇・)

こんなエピソードを知るとますます応援したくなります(*゚▽゚)ノ

Sponsored Link






最後に

ここまで純烈のリードボーカル・白川裕二郎さんについて見てきました。

ここまで来るのに色々な経験をされてご苦労もかなりされていました。

今回の紅白出場は心から祝福したいですね(*゚▽゚)ノ

経歴を見ていると、人を惹きつけるのが少しわかるような気がします。

大晦日は筆者も純烈を見て応援しようと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link