THE W

生田絵梨花のミュージカル評価は低い!?歌唱力を比較してみた!




 

 

乃木坂46の人気メンバー・生田絵梨花さんは、ミュージカル女優としても活躍されていますよね!

ロミオ&ジュリエットなど、ミュージカルをあまり見ない方でも一度は聞いた事のある有名な作品に数々出演されています。

アイドルとミュージカル女優という誰もが羨む才能をお持ちの生田さんですが、実際のところミュージカルの評価はどうなのでしょうか?

今回は、「生田絵梨花さんのミュージカルでの評価」「他のミュージカル女優の歌唱力と比較」を調べてみました。

Sponsored Link






生田絵梨花プロフィール

 

  • 名前:生田 絵梨花(いくた えりか)
  • 生年月日:1997年1月22日
  • 年齢:22歳(2019年3月現在)
  • 出身:東京都
  • 血液型:A型
  • 職業:アイドル、ミュージカル女優
  • 乃木坂46メンバー
  • 活動期間:2011年〜
  • 事務所:乃木坂46合同会社

生田絵梨花さんは、生まれはドイツのデュッセルドルフという帰国子女で、3歳から既にピアノを始めていらっしゃいます。

5歳の時に東京に引っ越し、小学生からアニーを鑑賞するなど、舞台女優になる事を将来の夢として描いていました。

その夢は10歳の時に早くも叶います。

2007年に『ココ・スマイル5 〜明日へのロックンロール〜』で初舞台を踏む事になります!

中学校時代はクラシックバレエとピアノに打ち込み、中学3年生の時に乃木坂のオーディションに応募します。

そして2011年8月21日に、乃木坂46の1期生オーディションに合格し、アイドルとしての活動をスタートさせます。

その後の活躍は素晴らしいもので、乃木坂のセンターを務め、Mステでは番組史上初のピアノ演奏を披露するなど乃木坂の中心メンバーとなりました。

その他にも、2016年1月21日に発売された初のソロ写真集『転調』は、6万9238部ものセールスを記録し、オリコン2016年上半期ランキングの写真集部門で1位を獲得しました。

更に勢いは増すばかりで、2019年1月22日発売の2ndソロ写真集『インターミッション』は初版20万部となり、講談社における女性ソロ写真集として史上最多の初版部数、乃木坂46メンバーのソロ写真集の中でも過去最多初版部数となりました。

アイドルとしては不動の地位を築いた生田さんは、ミュージカルにも本格的に挑戦し、2017年には「ロミオ&ジュリエット」のジュリエット役「レ・ミゼラブル」のコゼット役を演じ、第8回岩屋時子賞奨励賞を受賞しました。

2019年には、「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」に出演し、3月現在は「ロミオ&ジュリエット」のジュリエット役を再び演じ、4月から9月までは「レ・ミゼラブル」のコゼット役を演じる予定になっています。

ここまで見てみると、順調なミュージカル人生に思えますが、生田さんの評価はどうなのでしょうか?

生田絵梨花のミュージカルでの評価は

では、生田さんのミュージカル評価についてネットの声を見てみましょう!

生田さんの歌唱力については、皆さん評価されている意見が多いように思われました。

ただ、ミュージカルでの歌唱力となるとやはり別のようで、厳しい意見も多かったように思われます。

では、ベテランのミュージカル女優さんとの歌唱力を比較してみましょう!

Sponsored Link






他のミュージカル女優の歌唱力と比較

まずは生田さんのミュージカルの稽古での歌唱力です!

 

引用:You Tube

素人目に聞いていると、普通に上手だなと思ってしまいます( ・∇・)

では、ベテランのミュージカル女優さんの歌唱力もみてみましょう!

 

引用:You Tube

んーーー確かに声量すごいですし安定感がありますねσ^_^;

生田さんも普通にうまいと思うのですが、やはり本職一本の方はすごいです!

ミュージカル通の方から見ると、生田さんはまだ伸びしろがある方との評価になるのかもしれません。

有名な方ですと、新妻聖子さんは声がどこまでの出るような素晴らしい歌唱力をお持ちですよね。

もうあそこまでいくと天賦の才能かなと思ってしまいますが、生田さんにはミュージカル通の方からも認めてもらうるように頑張って頂きたいですね( ・∇・)

今回は、生田絵梨花さんのミュージカルの評価についてでした!

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link