THE W

板東湧梧がイケメンで母親も美人と話題!詳しい経歴と彼女の噂も!




 

 

2018年のドラフトは高校生に注目が集まっていますが、社会人にも注目の選手はいました!

JR東日本板東湧梧投手です!

板東湧梧投手は、高校の時も甲子園に出場し、その端正な顔立ちから女性人気も高い投手でした!

更に、母親も美人だと噂があります!

ただ、板東投手の野球人生は挫折の連続で、努力によってここまで階段を上がってきた方でした!!!

そこで今回は

 

  • 板東湧梧投手プロフィール
  • 板東湧梧投手の詳しい経歴
  • 美人と噂の母親の画像
  • 彼女はいる?

 

について調べてみました!

Sponsored Link






板東湧梧投手プロフィール

  • 名前:板東 湧梧(ばんどう ゆうご)
  • 生年月日:1995年12月27日
  • 出身:徳島県
  • 身長:182cm
  • 体重:78kg
  • ポジション:投手
  • 投打:右投げ右打ち
  • 血液型:AB型
  • 所属:JR東日本(2018年現在)
  • 経歴:板東野球スポーツ少年団(鳴門小) →   大麻中 →   鳴門高校 →   JR東日本
  • 特徴:MAX145kmのストレート、カットボール、スライダー、カーブ、シュートを操り、「打たせて取る」のが持ち味
  • プロ入り:2018年のドラフトでソフトバンクが4位指名

板東湧梧投手の詳しい経歴

小学校時代

板東投手は、小学校2年生の時に、鳴門市大麻町にある板東小学校の板東野球スポーツ少年団に入団し野球を始めます。

野球を始めたきっかけは、祖父が野球好きで、憧れていた従兄弟2人が野球をやっていたからだそうです。

 

当時の板東投手にとっては従兄弟二人は憧れの存在で、6学年上の従兄弟が外野手、4学年上の従兄弟がピッチャーをしていました。

二人に褒められる内にどんどん野球が好きになっていったそうです。

 

入団当初は、外野手、内野手を経験し、次第にピッチャーをやるようになったそうです。

美人と噂の母親は、キャッチボールやノックに付き合ってくれたそうです。

母親によると、当時から他のスポーツには興味がなく、野球一筋だったそうですよ!

 

小学校6年生には、チームのキャプテンを任されますが、エースにはなれなかったそうです。

中学校時代

地元の大麻中学へ進学し、野球部へ入部しますが、最初は野手からのスタートでした。

決して中心選手ではなく、2年生の時は内野手として、空いたところを守らせてもらう感じでサードやショートを守っていたそうです。

 

上級生が引退してからはエースになりましたが、同地区内のライバル校(瀬戸中・鳴門市立第二中)に阻まれ、上のステージへ進むことはなかったそうです。

 

ライバル校の瀬戸中には、のちに徳島県立鳴門高校で板東とバッテリーを組むことになる日下大輝がおり、日下は板東投手の事を「コントロールがよく、打たせて取るピッチャー」だとその実力を認めていたと語っています。

高校時代

地元の強豪校の鳴門工業からの誘いもあったそうですが、迷うことなく鳴門高校への進学を決めます。

両高校とも甲子園実績は十分でしたが、鳴門高校に進学した理由は、同級生の存在が大きかったそうです。

同じ中学や鳴門地区のメンバーとは仲がよかったようで、「皆で甲子園へ行こう」となって決断したそうです。

 

しかし、入学当初は軟式から硬式への変化と、中学とのレベル差についていけず悩んだと言います。

1学年上には、板東よりレベルの高いピッチャーが2人いた為、野手への転向を命じられ、そこでも違いに戸惑いました。

結局、チーム内では「ショートの2番手」が板東のポジションになりました。

 

もうピッチャーには戻れないかと思いながらも、2年生の春には甲子園に出場します。

途中交代のセカンドでの出場の為、この時は甲子園のマウンドに上がることはできませんでした。

鳴門高校は夏の甲子園にも出場しますが、板東はベンチ入りするものの出番はありませんでした。

 

しかし、上級生が卒業し、2人のピッチャーが引退した為、板東がエースに繰り上がりました!

背番号もエースナンバー1を手に入れ、ようやく自分のポジションに帰ってきました!

 

3年生ではエースとしてチームを牽引し、鳴門高校を春夏共に甲子園出場に導きます。

夏の甲子園では、63年ぶりの8強に進出しました。

また、この時にそのルックスが注目され、全国に「イケメン板東」の存在が知れ渡りました。

高校の時はまだプロ志望届は提出せず、社会人のJR東日本に入社します。

JR東日本時代

高校時代に花開いた板東投手は、入社1年目から公式戦に出場します。

2年目には、日本選手権の2回戦に出場し、1回ノーヒットで2大大会デビューを果たします。

3年目には、スポニチ大会・大阪ガス戦で、3安打6三振1失点で初完投勝利を上げます!

この年にプロからスカウトされますが、肘痛を発症しこの年のプロ入りは断念します。

 

復帰してからは、入社5年目になる2018年、チームの主力投手として都市対抗のベスト4入りを達成します。

先発・リリーフとして出場し、防御率は驚異の0.64をマークしました。

 

本人は自分自身のことを、「自分は物凄い球がないので、いろいろな球を使って総合力で勝負するタイプ」と冷静に分析していますが、JR東日本の堀井監督は「ストライクを取れるし、ボール球で振らせることもできる。真っ直ぐとの緩急は社会人でもトップクラス。バッターが1回、前に出てしまうようなブレーキがありますね」と賛辞を惜しみません。

 

バッターを仕留める時の理想像に、板東は相手のタイミングを崩した時を挙げ、「カーブで打ち取った時が、一番気持ちが良いです。2ストライクに追い込んで、バッターが予想していなかった反応を見せて見逃し三振を奪うのが一番」と技巧派であり頭脳はとしての一面を見せています。

 

技巧派の坂東投手と甲斐キャノンがコラボしたら、他球団はなかなか手強い相手になりそうですねσ^_^;

Sponsored Link






美人と噂の母親の画像

ネットで検索すると、「板東湧梧 母」と出てきますが、どうやら甲子園に出場した時にテレビに映り、美人な方だと話題になっていたようです!

その時の画像がありました(*゚▽゚)ノ

 

 

綺麗な方ですねー(*゚▽゚)ノ

お姉さんですと言われても納得してしまいそうなぐらいお若いですよね!!

男は母親に似るといいと言いますが、まさにいい遺伝子をもらったのでしょうね( ^ω^ )

 

母親が美人で本人もイケメンの板東投手はさぞかしモテるのは間違いないでしょう!

現在彼女はいるのでしょうか?

Sponsored Link






彼女いる?

彼女についてネットで調べると、おそらく高校生の時と思われる画像が出てきました!

それがこちらです!

 

初めてのペアルック!! 間違いなく彼女でしょうね笑

そしてもう一つ、ネットで「板東湧梧 坪平芽衣」という検索ワードが出てきますが、検索してみると、この方のFacebookにたどり着きます。

この坪平芽衣さんのプロフィールは、鳴門高校となっており、おそらくペアルック写真のご本人ではないかと思われます。

ただ高校生の時のものだと思われますので、現在はこの方とお付き合いされているかはわかりませんでした。

野球選手は、学生時代からお付き合いされている方と結婚される方も多いので、ひょっとしたらプロ入り後に結婚発表のようなビッグニュースが出るかもしれません( ・∇・)

最後に

今回は、2018年ドラフトの注目選手である板東湧梧投手についてみてきました。

野球の実力はもちろん、そのルックスでも球場をわかせてくれそうな逸材です。

そして、ドラフトではソフトバンクから4位指名を受けました!

ソフトバンクには、2018年の日本シリーズMVPの甲斐選手がいますので、将来は黄金バッテリーとして暴れてくれるかもしれません。

坂東選手は今後も注目の選手になりそうです!

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link