お笑い

アンコールワット観光と現地ツアーや周辺の遺跡への観光の勧め!

カンボジアの世界遺産といえば、やはり一番最初に浮かぶのはアンコールワットではないでしょうか。

カンボジアの国旗に描かれているぐらい、国の象徴的な存在です。

意外に知られていないのですが、その周りにも遺跡や東南アジア最大の湖など、魅力的な場所が沢山あります。

その中の有名なものを4つご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

アンコールワット

  • 12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教の寺院として建立され、800年以上に渡って人々からの信仰を集めています。
  • アンコールワット最大の魅力は、建物の壁面を埋め尽くす美しい浮き彫りのクメール美術です。芸術に興味のある方は是非一度見て頂きたい装飾です。

アンコールトム

  • 「大きな都城」を意味するアンコール・トムは、12世紀末から13世紀初めにかけてジャヤヴァルマン7世によって造られました。
  • 遺跡内の必見ポイントは9カ所ありますが、写真の南大門はアンコール・トムの入り口です!いきなりから壮大なスケールに圧倒されるでしょう!
  • 像に乗って仲間で案内してくれるオプショナルツアーもあるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

タプローム

  • アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「トゥームレイダー」の撮影スポットになった事で有名!
  • 大きな寺院で、往時は1万2600人がここに住んでいたと言われています。
  • 長い間ジャングルの中で放置されていた為、大きなガジュマルの木が遺跡に絡みつき、神秘的な雰囲気を醸し出しています。
  • Sponsored Link

ベン・メリア

  • ラピュタのモデル?という噂もある遺跡です。
  • 密林の中に埋もれているため、神秘的な雰囲気が漂います。
  • アンコールワットより20年も前に作られていることから、練習台だったのではと言われています。

最後に

今回は、カンボジア旅行で絶対に行くべき必見の4つのスポットについて書いてみました。

旅行の際の参考になれば幸いです。

次回は台湾編を書いていきます。

最後までお読み頂きありがとうございました😊

Sponsored Link