新投稿

田中光(体操)の嫁は宮田芳美で元エアロビ選手【画像】子供いる?

パワハラ問題に揺れる日本体操協会ですが、パワハラの告発を受けて一時職務停止としていた塚原千恵子女子強化本部長の代行として、1996年アトランタ五輪男子代表田中光氏世界選手権(10月25日開幕、ドーハ)女子代表監督にすると発表しました。

第三者委の調査報告を受け、理事会が対応を判断するまで時間を要することから、緊急対策として2人を職務停止にする間の代行監督という事になります。

田中光さんは、五輪に出た事でも有名な方ですが、その奥さんも元エアロビの選手だった事で知られているアスリート夫婦です!

そこで今回は、田中光さんプロフィール」「田中(宮田)芳美さんプロフィール」「エアロビ時代」「二人の間に子供はいるのか」について調べてみました。

Sponsored Link

 

田中光さんプロフィール

 

  • 名前:田中 光(たなか ひかる)
  • 生年月日:1972年7月19日生(46歳)
  • 出身:和歌山県田辺市
  • 血液型: B型
  • 身長:164cm
  • 学歴:清風高校 →  筑波大学 →  日本体育大学大学院修了 ※博士(学校教育学)兵庫教育大学より博士(学校教育学)の学位を取得
  • 職業:教授、タレントなど

 

田中さんが体操を始めたきっかけは、親に勧められたからだそうです。

小さい頃から誰に教わったわけでもないのに側転ができるような運動神経抜群の少年だったようで、清風中学校の時には全国制覇を経験していらっしゃいます。

中高一貫の清風高校に入って、これからという時に、父親がくも膜下出血で他界してしまい、体操を続けるべきか非常に迷われたそうです。

周りの方の支えや応援もあり、体操を続けていく決断をし、その後は全国高校選抜体操競技大会で個人総合優勝するなど、メキメキと力をつけていったようです。

ただ、ケガには悩まされたようで、その影響で1992年のバルセロナオリンピックには出場ができませんでした。

その悔しさをバネにして、、1996年のアトランタオリンピックに体操男子日本代表として出場し、個人男子総合19位という結果を残しました。

同大会で、平行棒でオリジナル技「TANAKA」 (懸垂前振りひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持:難度F)を発表し、認定もされています。

人生で影響を受けた人物を、現在の日本体育大学学長であり、ロサンゼルスオリンピック体操金メダリストの具志堅幸司氏だと語っています。

Sponsored Link

田中(宮田)芳美さんプロフィール

  • 名前:田中 芳美(たなか よしみ)  
  • 旧姓 宮田 芳美(みやた よしみ)
  • 生年月日:1983年6月7日生(34歳)
  • 出身地:熊本県
  • 学歴:菊池女子高等学校

6歳からエアロビを始め、中学1年生からエアロビック選手権に出場し、2002年には19歳最年少で女性個人の部で優勝を果たしています。

2003年の世界選手権では、ソロ部門の銅メダルを獲得しています。

全日本エアロビック選手権では、女性個人の部とトリオ部門でそれぞれ優勝3回、エアロビック世界大会では女性個人の部で9位入賞を果たしています。

夫の田中光さんとも、エアロビでコンビを組んで、2004年の全日本選手権大会準優勝、2005年の世界選手権でも7位という成績を残しました。

2007年に、田中光さんと結婚しています。

エアロビ時代の映像

こちらがエアロビの映像です。

 

引用:YouTubeより

これだけの動きができるって凄いですね( ・∇・)

二人に子供はいる?


こちらは2016年に大村詠一さんがツイッターに投稿した画像ですが、おそらく写っている男の子と女の子二人が田中さんご夫婦のお子さんだと思われます。

幸せそうなご家族ですね( ・∇・)

体操のサレブレッドですから、将来体操選手として有名になるかもしれませんね!!

最後に

今回は、新しく体操の女子監督代行になられた田中光さんご夫婦についてみてきました。

お子さんもいて、幸せな毎日を送っていらっしゃるようですね。

塚原夫妻の問題の後ですから、大変なプレッシャーでしょうが、今まで数々の困難を乗り越えてこられた田中さんなら、体操界を立て直してくれると期待したくなりますね!

東京オリンピックでもその手腕に注目です!

最後まで読んで頂きありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link