新投稿

貴乃花親方が引退!理由は?力士の所属はどうなる?病気との噂は?




 

相撲界で衝撃のニュースが入ってきました!!

あの貴乃花親方が、日本相撲協会に退職届を提出し、会見を開く事がわかりました!!

弟子には午前中に退職の意向を伝えたようです。

 

24日には「貴乃花応援会」のサイトに「千秋楽迎え、貴乃花部屋を支えて下さる皆様へ」とのタイトルで

「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」

と意味深なコメントを寄せていました。

 

ただ、八角理事長が不在のため、まだ退職届は受理されていないようです。

 

色々な憶測が飛び交っていますので、考察してみようと思います。

今回の調査は

  • 貴乃花親方引退の理由は
  • 病気の可能性はない?
  • 力士の所属はどうなるのか

 

についてみていきます!

Sponsored Link






貴乃花親方引退の理由は

9/25夕方に記者会見が開かれ、引退記者会見として開始されました。

貴乃花親方から語られた引退の理由は、衝撃のものでした!!

 

貴ノ岩の暴行事件に関して、内閣府に提出した告発状の内容が事実無根ではないとの主張をしていたが、相撲協会から事実無根である事(真実ではない)を認めないと一門に入ることは認めないと言われた!!

 

ありえないですよね!!

相撲協会には本当に愕然としますよね、、、

 

しかし、この相撲協会の圧力に対抗し続けた貴乃花親方は正義を貫いたわけですから、さすがに今回はファンが黙っていないと思うんですけどね。

会見で貴乃花親方は、もう相撲協会に残るつもりはないとおっしゃっていました!

 

スーパースターの貴乃花親方を締め出すような事をすると、絶対不利益になると思うんですけどね。

 

Sponsored Link






 

病気の可能性はない?

 

貴乃花親方は8月21日に夏巡業先の秋田市で倒れて救急搬送され体調が心配されていました。

 

貴乃花親方は、昨年の貴ノ岩が元横綱日馬富士から暴行を受けた事件、今年に入ってからの貴公俊の付け人への暴行の責任を取り、役員待遇から平年寄に降格してしまいました。

更に追い討ちをかけるように、今年の初場所後の相撲協会役員改選では、理事から落選してしまい、貴乃花一門(現阿武松グループ)から離脱し無所属になっていました。

 

しかし、相撲協会は7月の理事会で全親方を出羽海、時津風、高砂、伊勢ケ浜、二所ノ関の5つの一門に入るように求め無所属を認めないことを決めたので、阿武松グループや貴乃花親派の錣山親方(元関脇・寺尾)らは二所ノ関一門に合流をしました。

また、立浪親方(元小結・旭豊)は出羽海一門に入ることになりました。

 

ただ、貴乃花親方については以前所属していた二所ノ関一門が受け入れに難色を示しているとされ、その動向に注目が集まっていました。

貴乃花親方は日馬富士の傷害事件を巡る一連の相撲協会の対応に不信感を募らせていましたが、貴公俊の暴行問題を受け一兵卒で出直すことを誓っていました。

自身への理事解任処分など、協会運営に問題があったとして内閣府に提出していた告発状も撤回しました。

 

これから一歩づつ前に進んでいくのかと思いましたが、相撲協会の一門への所属圧力と二所ノ関一門の受け入れ拒否のダブル圧力によって居場所がなくなってしまったのが一番の原因なのかもしれません。

先日の救急搬送に関しては、この一連の心労が積み重なって、倒れてしまったのかなと思いますね。

Sponsored Link






 

力士の所属はどうなる

貴乃花親方は、会見でも「弟子がかわいい」と何度もおっしゃっていました!!

本当にお弟子さんの事を考えていらっしゃる方なんだと思いました!

 

現在、貴乃花部屋に所属している力士は

 

  • 貴景勝光信
  • 貴ノ岩義司
  • 貴源治賢
  • 貴公俊剛
  • 貴健斗
  • 貴天秀
  • 貴大将
  • 貴正樹

の8人です。

 

そして、会見では貴乃花親方から発表がありました!!

貴乃花部屋の8人の力士は全員千賀ノ浦部屋(元小結・隆三杉)へ移籍する事になりそうだという事です!!

 

 

コチラが千賀ノ浦部屋の親方と力士です。

 

親方は温厚な性格の方のようです。

面倒見の良さそうな方なので、8人の力士としては一安心かもしれません。

2016年に元関脇・舛田山の千賀ノ浦と名跡を交換して千賀ノ浦部屋を引き継いだようです。

 

それにしても急な発表だったので、今後の貴乃花親方の動向が気になりますね!

 

Sponsored Link