新投稿

二子山部屋の力士・舞蹴の学生時代の戦績は?母親はフィリピン人?

今やチケットが取れない程の人気競技の「大相撲」。

イケメン力士の遠藤」や「、19年ぶりの日本出身横綱となった「稀勢の里」が人気を引っ張り、技のデパート・「宇良(うら)」の出現やその他にも個性派の人気力士が登場し、空前の相撲ブームになっていますね( ^ω^ )

相撲好きの女子「スー女」と呼ばれるファンも生まれ、今や”カープ女子”と並ぶほどの注目を浴びています!

この空前の相撲ブームですが、以前にもあったのをご存知でしょうか?

若い方はあまりご存知ないかもしれませんが、先日相撲界から引退した元貴乃花親方が現役の頃がまさに空前の相撲ブームでした。

当時は若貴時代とも言われ、「若貴の兄弟横綱」に現在闘病中の「曙」、「武蔵丸」とともに一時代を築きました。

その時に若貴が所属していたのが「二子山部屋」だったのですが、2004年に元貴乃花親方が部屋を継承し、「貴乃花部屋」と改称したため、二子山部屋の名前は無くなりました。

そこから14年の時を経て、2018年に藤島部屋出身の元大関「雅山」が、二子山部屋を創設し、現在は7人の力士を育てています。

その力士の中で、現在番付が一番高く、ユニークな名前からも注目を集めているのが舞蹴(マイケル)です。

Sponsored Link

舞蹴(マイケル)のプロフィール

  • 本         名:林 舞蹴(ハヤシ マイケル)
  • 生 年 月 日:平成10年7月15日(22歳)
  • 出   身   地:福井県福井市
  • 身長・体重:176cm、123kg
  • 所 属 部 屋:藤島→二子山部屋
  • 改   名   歴:林 舞蹴 → 舞蹴 修樹(マイケル シュウキ)
  • 初   土   俵:平成29年9月
  • 生 涯 戦 績:47勝30負/77出(13場所)

 

なんと、舞蹴というのは本名なんですね😲

この名前に関して「舞蹴」は、「舞蹴? 特に意味はないと思います。(マイケル・ジャクソンのように)有名になってほしいということみたい」とインタビューで答えています( ・∇・)

学生時代

「舞蹴」の相撲との出会いは小学3年の時で、相撲好きのお父さんの勧めで、福井市の県立武道館の武道学園相撲教室に通い始めたそうです。

中学2年からは、福井農林高校で開かれている福井新保クラブ(現福農クラブ)へ入部します。

この時、学校では柔道部に所属していたので、二足のわらじで力をつけていったようです。

高校2年の時に北信越大会で3位になり、3年では全国の強豪が集う高校金沢大会で3位に入り、全国高校総体や国体にも出場したそうです。

この活躍が、藤島部屋付きの二子山親方(元大関・雅山)の目に止まり、スカウトされて角界入りしました。

Sponsored Link

母親はフィリピン人

舞蹴というユニークな名前なので、調べて見ると、やはりお母さんがフィリピンの方でした。

お名前は、アビゲールさんとおっしゃるようで、まだ39歳の若い方です😲

画像などを調べてみましたが、情報はありませんでした。

舞蹴が、今後活躍されるとメディアへの露出があるかもしれませんね( ・∇・)

最後に

二子山部屋の期待の力士「舞蹴」についてみてきました。

ユニークな名前から、人気力士になりそうですが、相撲の実力も学生時代から非凡なものがあったようですね。

まだ若干22歳ですので、これからの活躍が非常に期待されています!!

「ニュー・二子山部屋のホープ」である舞蹴関を、今後も応援していきたいと思います🤗

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

曙を花田虎上(若乃花)がお見舞いに!現在は病気だが奇跡が起きた 貴乃花親方の引退で連日賑やかな角界ですが、貴乃花親方とライバルだった第64代横綱・曙がTBSの「今夜解禁!ザ・因縁」に出演しました。...