新投稿

大家敏志参議院議員のプロフィールや評判は?豪遊三昧で金に汚い?

投稿日:2019年4月10日 更新日:

 

また忖度議員の登場です!

先日、忖度発言の責任を取って塚田国交副大臣が大臣職を辞任しましたが、今度は大家敏志参議院議員が忖度発言をしていました!

芋づる式に出てきていますが、この大家議員は評判もあまり良くないようです。

そこで今回は、”忖度議員”大家敏志参議院議員について調べてみました!

Sponsored Link

大家敏志プロフィール

 

  • 名前:大家 敏志(おおいえ さとし)
  • 生年月日:1967年7月17日
  • 年齢:51歳
  • 出身:福岡県北九州市
  • 最終学歴:北九州大学(現:北九州私立大学)法学部  卒業
  • 現職:参議院議員
  • 所属:自由民主党(麻生派)
  • 選挙区:福岡県選挙区

大家敏志参議院議員は、生粋の福岡県民です。

福岡県北九州市で生まれ、久留米大学付設高等学校を卒業すると、北九州大学(現:北九州市立大学)法学部を卒業。

大学卒業後は、自由民主党福岡県連合会に就職します。

福岡県出身の村上正邦参議院議員の]秘書を経て、1996年に第41回衆議院議員選挙で比例九州ブロックから自民党比例単独候補で立候補しますが、ここでは落選してしまいます。

その後は福岡県議会議員を目指し、1999年の福岡県議会議員選挙に八幡東選挙区から出馬。

見事初当選し、2010年5月まで福岡県議会議員を務めました。

福岡県議員は3期目途中で辞職し、2010年7月26日の第22回参議院議員通常選挙に立候補し、初当選しました。

国会議員としては、2014年9月から第2次安倍改造内閣で財務大臣政務官を務め、2016年1には参議院財政金融委員長にも就任しました。

参議院議員になってからはトントン拍子で役職について今宇賀、福岡出身で財務・金融の大臣というのは、やはり麻生太郎氏の力あってこそなのでしょうかσ^_^;

しかし、順風なのもここまでで、先日の塚田国交副大臣の”忖度発言”の影響もあり、2019年4月7日の福岡県知事選では麻生太郎氏が主導して擁立した元厚生労働官僚の竹内和久氏を応援しましたが、大敗してしまい、麻生氏は福岡県連最高顧問を辞任することになりました。

県連選挙対策委員長を務めていた大家議員も、退任の意向を示しています。

問題の忖度発言

ここで、問題の忖度発言を見てみましょう!

 

引用:You Tube

「安倍総理と麻生副総理の地元なので、2人がやるとぐちゃぐちゃ言われますから、参議院の吉田博美幹事長を引っ張り出して、この人に『下関北九州道路は、政治生命を賭けてやる』と言わしめ、これもいま国の事業に採択される寸前まで来ております」

塚田国交副大臣の時と同じような事言ってますねσ^_^;

まぁこれは忖度以外なんというのでしょうww

吉田博美幹事長の名前が毎回出てきますが、この人は結構なキーマンなのでしょうか。

現在69歳の方ですが、ネット上には「吉田博美 ズラ」というワードがありますw

んーーちょっと浮いてる感じもしなくもないでしょうかw

ちょっと脱線してしまいましたが、大家敏志議員の評判はどうなのでしょうか?

評判は最悪?

大家敏志議員の評判は、どうもあまり良くないようです。

2018年12月には、参議院本会議で野党議員を小突いたり、議長に暴言を吐くなどして議運の理事を辞任する事態になっています。

しかも、その時の形相が怖すぎると話題になっていました!

それがこちらです!

 

出典:ニュースサイトハンター

ちょっと表情がやばいですねσ^_^;

これだけでも評判は悪いでしょうが、この方、カネの使い方が最悪でした!

ここは、ニュースサイトハンターさんからの引用になりますが、ちょっと度が過ぎています(-。-;

福岡選挙区で初当選した2010年の参院選では、「億単位の選挙資金が用意できる」と明言して自民党公認をもらっておきながら、実際はほぼ無一文に近い状態だったといい、あわてた県連が政治資金パーティーを開いて、カネ集めをおこなうというドタバタ劇を演じていた。ある自民党関係者は、当時のことをこう振り返る。
「確信犯だった。面の皮が厚いというか、横着。カネはないのに、『ある』といって県連を騙したんだから。上昇志向が強いのは確かだが、カネには汚なかった」

政治資金絡みの話は、経済界からも聞こえてくる。地場銀行関係者の話。
「大家さんは全県区とはいえ、私どもの銀行の県南の支店にまでパーティー券を売りつけに来られます。福岡県の実力者である麻生太郎財務相の派閥に属していることで、高飛車な資金集めです。ある経済人も『いきなりパー券を送りつけてきた。若いくせに、礼儀もなにもあったもんじゃない』とぼやいていました。カネの亡者と言うしかない」

たしかに、大家氏の政治資金集めは、当選2回の参院議員にしては額が大き過ぎる。同氏の資金管理団体「大家さとしを育てる会」が総務省に提出した政治資金収支報告書によれば、平成27年の収入が約6,000万円(うちパーティー収入が約5,100万円、個人からの寄附340万円、医師会などの政治団体からの寄附約390万円)、28年が約9,000万円(パーティー収入約6,100万円、個人からの寄附650万円、医師会などの政治団体からの寄附約2,150万円)、29年が約7,000万円(パーティー収入約6,200万円、個人からの寄附90万円、医師会などの政治団体からの寄附約600万円)となっている。28年を除き年4回の政治資金パーティーが常態化しており、年中“カネ集め”に精を出している格好だ。大家氏にとっては、カネ集めこそが政治活動なのだ。

■超高級店で大盤振る舞い
問題は、その使い道である。27年の支出は約4,800万円、28年と29年はそれぞれ約4,700万円と約5,600万円の支出を計上している。実は、これらの支出の2割から3割を、主に「会合代」と称する飲食代に使っているのだ。年ごとの金額をまとめると、次のようになる。

大家.png

カネの集め方が乱暴なら、使い方も荒っぽい。支出先を見ていくと、鮨店、中華料理店、フランス料理店、クラブなどがズラリ。どの店も“超”のつく高級店で、1件ごとの飲食代も大きく、30万円台、40万円台の支出が数多く記載されている。昨年12月には加賀料理の店に97万8,200円という途方もない「会合代」を支払っていた。庶民性ゼロの高級店で、数十万円単位の飲食代を払って大盤振る舞いすることが、果たしてまともな政治活動と言えるのだろうか?

大家氏を知る国会議員の多くは、同氏の着ている背広や、履いている靴の品質の高さに驚くといい、ある衆院議員は「大家君が身に着けているのは、どれもとびきりの高級品。国会でも一二を争うファッションオタクだ。靴磨きが趣味という話さえある。一体、どこからカネが出てるのか」と首をかしげる。食事も衣服も高級志向ということだ。

政治家として大した実績もない男が、大金を集めて贅沢三昧。国会の本会議場では、暴力と恫喝――。安倍自民党を象徴する大家氏に、選良としての自覚があるとは思えない。大家氏の地盤である北九州市に住む企業経営者が、こうつぶやいた「まるで経済ヤクザみたいだな」。

出典:ニュースサイトハンター

もう無茶苦茶ですね:(;゙゚’ω゚’):

収入源はどこにあるのでしょう、、、

麻生太郎氏と安倍総理を忖度していれば、これだけいい思いができるという事を露呈しているようにも思えてしまいます(-。-;

今回の忖度発言も、半分は笑いを取ろうとしたのかもしれませんが、これはまたかなりの問題になりそうです。

ツイッターでもトレンドに上がっていましたので、ネット上の意見も見ておきましょう!

Sponsored Link

ネット上の意見は

かなり辛辣な意見が多いようでした。

塚田国交副大臣は辞任することになりましたが、大家議員はどうなるのでしょうか?

これから野党が追求していくようなので、前途はかなり厳しいものになりそうです。

それよりも、税金はきちんと使っていただきたいと思いますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link

-新投稿

執筆者:

関連記事

枝野幸男の嫁は元CAの美人!?安倍総理よりマシと言った息子は?

  連日国会で安倍総理と激論を繰り広げている立憲民主党の枝野幸男代表ですが、プライベートや家族についてはあまり知られていませんよね。 枝野代表は、先日2月14日の国会内であった日本退職者連合 …

弘中惇一郎弁護士と岡田武史監督が似てる!?画像比較してみた!

    カルロスゴーン容疑者の保釈を勝ち取ったカミソリこと・弘中惇一郎弁護士ですが、ネットで検索すると「弘中弁護士 岡田監督」なるワードが出てきます! 岡田監督とういうのは、あのカ …

愛子様の作文が素晴らしい!看護師は中学1年時で驚愕のクオリティ

  2019年5月1日に皇太子さまが天皇に即位され、新元号・令和がスタートします。 皇室に注目が集まっていますが、愛子さまが書かれた「作文」にも注目が集まっています!   皇室関連 …

小川彩佳の結婚相手の職業は!?同業者?櫻井翔とはどうなっていた?

    嬉しいニュースが入っていました! AbemaPrimeでキャスターを務める小川彩佳アナウンサーが、結婚を発表しました!   合わせて読みたい😙 小 …

二子山部屋の力士・舞蹴の学生時代の戦績は?母親はフィリピン人?

  今やチケットが取れない程の人気競技の「大相撲」。 イケメン力士の「遠藤」や「勢」、19年ぶりの日本出身横綱となった「稀勢の里」が人気を引っ張り、技のデパート・「宇良(うら)」の出現やその …

プロフィール

プロフィール

プロフィール

当ブログをご訪問頂きありがとうございます!
運営をしておりますクリストフと申します。

旅行、スポーツ観戦(特に野球)、ファッションが趣味で、今はサラリーマンをしながらITと英語の勉強に励んでおります。

競馬についても詳しいです。

旅行についての有益な情報や様々な面白いネタ、病気の改善方法など、様々な情報をアップしていきますので皆様のご参考になれば幸いです。

速報ニュースなども書いていますので、気になるニュースがありましたら是非当ブログをご訪問ください。

カテゴリー