新投稿

落合福嗣のナレーション・声優が神レベル!下町ロケットで俳優デビュー




 

 

プロ野球で3冠王を3回獲得し、プロ野球史上最高の右打者と呼ばれた落合博満氏の息子 落合福嗣さんが今回、TBSドラマ「下町ロケット」で俳優デビューしました!

声優としてメディアへの露出も増え、「ナレーションが神レベル」と称賛される事もしばしばの落合福嗣さん!!

 

 

幼少期は、ドラ息子などと呼ばれ、そのわがままっぷりが有名でしたが、今や日本の有名声優になっていました(*゚▽゚)ノ

そこで今回は落合福嗣さんのプロフィール」ナレーションは神レベル」「下町ロケットの役どころ」について調べてみました!

Sponsored Link






落合福嗣さんプロフィール

 

  • 名前:落合 福嗣(おちあい ふくし)
  • 生年月日:1987年8月20日(31歳)
  • 血液型:O型
  • 身長:186cm
  • 事務所:青二プロダクション
  • 職業:声優、タレント、ナレーター
  • 家族:妻・子供2人の4人家族。父は元プロ野球選手・監督の落合博満氏。
  • 学歴:国士舘大学21世紀アジア学部 卒業 アミューズメントメディア総合学院東京校声優タレント学科 卒業

 

福嗣は、以前は父の博満氏と同じく、高校生まではプロ野球選手を目指していました。

長嶋一茂さんみたいな2世として期待されていましたが、野球の世界は厳しく、国士舘高校在学中に野球への道を諦めました。

その後国士舘大学を卒業すると、タレントの道へ進みます。

タレントとして活躍していましたが、2015年4月より青二プロダクションのジュニア所属になり、声優を目指します!

2015年6月にテレビアニメ「それが声優!」で本格デビューし、今その「声」が注目されています(*゚▽゚)ノ

神レベルのナレーション

とりあえずその声優っぷりを1度お聞きください!!!

 


引用:YOU TUBE

 

アニメ「グラゼニ」のpvですが、この声が落合福嗣さんです!

あの福嗣くんですよ(*゚▽゚)ノ笑

人は変わるもんです!

成長しましたね〜( ^ω^ )

 

ほんといい声してますよね!聞きやすいし、通る声です!

人気が出るのもわかります。( ・∇・)

下町ロケットの役どころ

10/14から放送のTBSドラマ「下町ロケット」の役どころは、第1話ではロケット発射のカウントダウンをアナウンスする、大企業「帝国重工」社員の田辺海斗役を演じました。

「下町ロケット」は、ロケットの製造に奮闘する人々を描く作品で、発射のカウントダウンは緊張感が高まる人気シーンとして前作でもたびたび登場していました!

かなり重要な役でしたね( ・∇・)

福嗣さんは、今回の俳優デビューについてこのよう次のように意気込みを語っていました。

福嗣さんは「初めてドラマというものに出ることになり、その作品が下町ロケットという大作。とても光栄に思います」と話題作での俳優デビューに感激。主演の阿部寛(54)、土屋太鳳(23)ら主要キャストがそろう中で行われた撮影を体験し「声の仕事の現場とは違う収録方法、違う緊張感は非常に良い刺激になりました」と感想。「あのとき撮った芝居がドラマの中でどのように表現されるのか凄く楽しみです」と放送を心待ちにしている。

 

最近は有名な声優として・父として有名なった福嗣さんですが、まだ小さい頃の福嗣さんしかイメージのない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうだとしたら今回の美声を聞くとビックリすると思いますよ(*゚▽゚)ノ

筆者も以前福嗣さんの声を聞いたときは、「ほんとにあの福嗣くん???」と思いましたから笑

 

視聴率も高い番組ですから、福嗣さんへの注目も上がるでしょうね!

要注目です!!

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link