新投稿

佳子さまの発言に批判が!原因は両親の教育?両陛下とも関係悪化?




 

 

3月22日、秋篠宮家の次女・佳子さまが国際基督教大学(ICU)を卒業されました。

その美しさにも注目が集まり、ネット上でもかわいいと話題になっていました。

しかし、お祝いムードはここまでで、その後に宮内記者会の質問に文書で回答した内容が波紋を呼んでいるんです!

内容は、「姉の眞子さまと小室圭さんの結婚に関する事」でした。

未だに解決が見えない小室圭さんの問題ですが、佳子さまはどんな発言をされたのでしょうか?

今回は、「波紋を呼んでいる佳子さまの発言」「原因は両親の教育?」「天皇皇后両陛下とも関係悪化?」について調べてみました!

Sponsored Link






佳子さまの発言とは

問題になっている佳子さまの発言を見てみましょう!

「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています

出典:ギャンブルジャーナル

つまり、秋篠宮様(ご両親)の意見とは正反対の発言をされたわけです:(;゙゚’ω゚’):

更にこれだけでは止まらず、次のような発言もされました!

公務は公務でしっかり務め上げるが、プライベートはプライベートで『(恋人、結婚などは)このような事柄に関する質問は、今後も含めお答えするつもりはございません』

出典:ギャンブルジャーナル

佳子さまは、完全に姉の眞子さまの味方といった感じです。

確かに、一般の家庭であればこのような事もあるかとは思いますが、皇室は国民の血税で成り立っているお立場でもありますから、本人の希望だけで成り立つようには簡単にはいきません。

女性皇族は、結婚後も元皇族として品位を保てるように、一時金として1億円を超える金額が国庫から支出されるため、「結婚には国民の祝福が必要」という秋篠宮さまのお考えは、至極当然の事であると思われます。

佳子さまの今回の発言は、皇族としてではなく一個人としての発言に聞こえてしまいますので、これが炎上の原因になってしまったようです。

原因は両親の教育?

今回の佳子さまの発言は、完全に秋篠宮さまと反対の意見でした。

これは「親のアドバイスは“聞いた方がいいと判断したことだけ聞く”」という宣言だと皇室ジャーナリストの方は語っています。

このような事態になったのは初の事のようですが、これには、佳子さまの生い立ちにも原因があるようです。

秋篠宮ご両親は、佳子さまへの教育に対しては、皇族としての「公」と「プライベート」を分けて考える教育を徹底されてきたそうです。

その結果、“公的なアドバイスは聞くけれど、私的な活動について意見を聞く必要はない”という考え方が、佳子さまに根付いてしまい、今回の発言に至ったようです。

そして、この佳子さまの発言は、秋篠宮家に重大な影響を与えていました。

Sponsored Link






天皇皇后両陛下とも関係悪化?

 

両親と全く正反対の発言をされた事に、皇后美智子さまもよくは思っていらっしゃらないとの声もあります。

やはり、ご自身の体調がすぐれない時も、ご公務を最優先にされてきた天皇皇后両陛下からすれば、今回の佳子さまの発言はプライベート優先であり、

皇族として如何なものかと思われるのも無理はないと思われます。

もしこのまま秋篠宮家と天皇皇后両陛下との関係が悪化していけば、佳子さまも皇族としての将来が大変なことになってしまいます。

元号も変わり、皇太子さまが新天皇に即位される2019年にこのような問題が出てしまうのは、国民としても非常に心苦しいですが、元の原因は小室圭さんが関わっています。

ニューヨークへ行かれてからは、まだ書面での発言しかしていませんが、これ以上皇族方に迷惑をかけないようにきちんとした対応を願いたいものです。

令和の年には、この問題が解決されて良い時代になって欲しいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link