新投稿

劇団四季でパワハラした加藤敬二に娘はいる?自殺未遂の俳優は誰?

今年に入って、各業界のパワハラ問題が次々に明るみになってきています。

レスリングの栄会長のパワハラ問題に始まり、アメフトの内田監督の指示による悪質タックル問題、体操の塚田本部長の引き抜きでの圧力など、スポーツ界では若い才能が権力を持った大人達に潰されている現状がある事がわかりました。

そして、今度はミュージカルで人気の「劇団四季」でもパワハラがあったようです。

これは週刊文春が報じたパワハラなのですが、なんでもパワハラを受けた「人気俳優I」が自殺未遂をする事態なっていたというのです。

文春によると、このパワハラをしたのが、劇団四季では有名な加藤敬二氏という人物なのですが、ネット上では

娘がいるのでは?

娘も劇団四季に入っている?

など家族に関しての話題にも注目が集まっています!!

 

そこで、今回は

  • 加藤敬二氏とはどんな人物なのか
  • 娘はいるのか?劇団四季に入っているという噂は?
  • 今回のパワハラは何があったのか
  • 自殺未遂した「人気俳優I」の状態は

を調べてみました。

Sponsored Link






加藤敬二氏とはどんな人物なのか

  • 名前:加藤 敬二
  • 生年月日:1962年3月7日(56歳)
  • 出身:石川県金沢市
  • 血液型:A型
  • 職業:ミュージカル俳優、スーパーバイザー
  • 所属:劇団四季

 

父は「プリンス東陽」の芸名をもつ奇術師で、母も兄も奇術師という家庭に育ち、9歳の時に両親の助手として初めて舞台に立ったそうです。

16歳から金沢市内のダンススタジオでレッスンを始め、1981年に上京し、名倉加代子ダンススタジオに入り、男性ダンスチーム「ダンディーズ」のメンバーとなり、数多くの舞台を経験していったそうです。

1984年に劇団四季の「キャッツ」のオーディションに合格し、ミストフェリーズ役でデビューします。

加藤氏にとっては、ニューヨークのブロードウェイで「キャッツ」をみて以来の憧れの役だったようです。

その後は、数々の作品に出演し、四季のトップダンサーとして活躍し、振付や構成も担当するようになったようです。

最近も、空前の売れ行きを記録した「アラジン」やキャッツなどの数多くの作品で、振付や演出を手掛けているそうです。

Sponsored Link






娘はいるのか?劇団四季に入っているという噂は?

奇術師のサラブレッドとして生まれ、劇団四季の中心人物の一人である加藤氏に娘はいるのか?という噂についてですが、結婚をしているという情報はたくさん出てきました。奥さんの名前は、山崎佳美さんとおっしゃるようで、元劇団四季の女優さんだそうです。

 

娘さんについての情報ですが、ネットを探しても情報は出てきませんでした。

2013年にツイッターに娘さんがいるようなツイートも見られたのですが、どうやらデマだったようです。

 

なので、現時点では娘さんはいないという事になります。

劇団四季にもご家族は働いていないという事になりますね。

パワハラの内容

文春によると、「キャッツ」に出演する人気俳優のIさんが、スーパーバイザーの加藤敬二氏から「罵倒されたり、役を外される」などのパワハラを受けて、7月中旬に横浜市内のマンションで自殺を図ったとして劇団関係者が証言しているようです。

現在は、劇団は社外監査役を委員長とする調査委員会を設置し、事態の調査中だそうです。

ただ、劇団四季はこの調査の結果に関しては、プライベートの内容も含まれるので公表しないと言っています。

 

もう何か何事もなかったようにうやむやにしようとしているように見えてしまいますが、実際に文春がこれを報じなかったら内部でもみ消してしまっていたんではないでしょうか。

その点では、文春さんはかなりいい仕事してくれたと思いますよね👍

Sponsored Link






人気俳優のIさんの状態は

数々のサイトでもうIさんが誰かとは特定されていますので、詳細は割愛しますが、Iさんは「一色龍次郎さん」だと言われています。

一色さんの画像がコチラです↓

劇団四季の人気ミュージカル「キャッツ」で主役級と言われるミストフェリーズ役に抜擢されていたようで、かなり期待もされていたようです。

現在の状態に関しては、幸い命に別状はないようですが、自殺未遂までしてしまう程精神的には追い込まれていたという事なので、今後のケアが大事になってきますね。

今回の件で私が思う事

昔、劇団の事務の仕事の面接に行った事があるのですが、そこで「職人さんが多いから、かなり言い方がきつかったり態度に出てしまう人が多いけどその辺は大丈夫ですか?」と聞かれたのを覚えています。

面接の前までは、「芸能関係の仕事だから、一般の会社とは少し違うんだろうなー」ぐらいに思っていたのですが、実際に面接で言われるとちょっと構えてしまいました😰

実際その面接は運よく不合格 笑

だったのですが、中は相当パワハラが当たり前の世界なんだろうなーと想像がつきました。

よくネット上にも、「昔から当たり前だよ」みたいな意見がありますが、「今」はもう「昔と同じではない」んですよね。

「昭和の当たり前」は「平成の非常識」になっています。

時代の流れにアジャストしていく事が大切なんです。

古い体質を続けている業界は、先行きは暗いと思いますからね。

なので、「劇団四季」には、今回の件はプライベートな内容は公表はできないのは致し方ないですが、きちんと事件の内容については説明責任を果たし、再発防止に向けて動いて欲しいと思います。

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link