新投稿

明石市長・泉房穂はパワハラで辞職!?エリート市長の恫喝が酷すぎる




 

 

また市長が問題を起こしました。

兵庫県明石市長の泉房穂氏が、職員にパワハラをして謝罪会見を開く事になりました!

一体何があったのでしょうか?

暴言があまりにも酷いという事で大問題に発展しています!

今回は、「泉房穂市長はどんな人」「パワハラの内容」「謝罪会見で語った事」を調べてみました!

Sponsored Link






泉房穂市長プロフィール

 

  • 名前:泉 房穂(いずみ ふさほ)
  • 生年月日:1963年8月19日
  • 年齢:55歳(2019年1月現在)
  • 出身:兵庫県明石氏二見町
  • 学歴:東京大学教育学部 卒業
  • 所属政党:無所属
  • 当選回数:2回
  • 在任期間:2011年5月〜
  • 衆議院議員:比例近畿ブロックで当選1回、2003年〜2005年

泉房穂市長は、兵庫県明石市の出身で、実家はたこ漁師をしていました。

高校まで地元で過ごし、大学は東京大学に進学した超エリートです。

高校時代は生徒会長を務め、東大時代は駒場寮の寮長を務めるなど、学生時代からそのリーダーシップを発揮していました。

東大卒業後は、NHKに入局。

NHK退社後は、衆議院議員の石井紘基議員の秘書を務めます。

その後に34歳で受けた司法試験に合格し、司法修習の同期生にはあの橋下徹元大阪市長がいます。

弁護士としては、地元の兵庫県で弁護士事務所を開設していました。

2003年には第43回衆議院議員選挙に民主党公認で初出馬し、比例区で復活当選します。

2005年にも出馬しますが落選し、その後は明石市内で弁護士業務に復帰。

社会福祉士の資格も取得するなど、精力的に活動していました。

2011年4月24日に明石市長選挙に出馬し、69票の差で当選を果たしました。

2011年5月から現職を務めています。

超エリート路線を歩んできた泉市長ですが、どんな事件を起こしたのでしょうか?

事件の内容と動画

2017年、市の道路拡幅事業でビルの立ち退きが遅れていることをめぐり市幹部職員に対し「火つけてこい。燃やしてしまえ」「7年間何もしてないだろ。」「損害賠償の責任を負え」などと発言していました:(;゙゚’ω゚’):

その恫喝動画を聞いてみましょう。

 

引用:You Tube

これは酷すぎますね(-。-;

職員の方が怯えているのが音声からも伝わってきます。

記者会見では、「激高してしまった中でのセリフで」と釈明していましたが、市長でもあろう方がこんな言葉を使って脅しのような事をする事は許されることではありませんよね。

2ヶ月後に市長選挙を控えており、出馬をして市民の審判を仰ぐとおっしゃっていますが、この状況では再選は厳しいと思いますね。

Sponsored Link






ネットの反応は

今回の事件に対するネット上の反応はどうなのでしょうか!

泉市長への批判が多いかと思いきや、7年間何も仕事をしていない職員に対しての意見も多いように思われました。

泉市長は、タコ漁師の実家に生まれ、高校まで公立に通い、現役で東大に合格した神童として地元では有名な方のようですので、地元での人気はかなりあったようです。

ただ、今回の暴言はいけませんから、まずはしっかり反省をしていただいて出直していただ期待と思いますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

Sponsored Link